裏磐梯五色沼

裏磐梯五色沼の成立ち
標高1819メートルの磐梯山は明治21年(1888年)に大噴火を起こし周辺に大きな被害をもたらしました。噴火は山の北側斜面を大きく吹きとばし   その土石流で川が堰き止められて磐梯三湖(桧原湖、小野川湖、秋元湖)や名前のない小さな沼までの湖沼群を形成しました。   

裏磐梯高原はこの噴火で出来た大小約300の湖沼群が点在する標高約800メートルの美しい高原です。

磐梯山の北側山麓の湖沼群のうち桧原湖、小野川湖、秋元湖にはさまれて点在する大小40あまりの湖沼群を総称して五色沼と言います。 そして、その中でも五色沼自然探勝路添いの10数ヶ所の沼をめぐる約3キロのコースが裏磐梯の観光名所として人気があります。コバルト色、青色、銅色などの水をたたえた沼は神秘的で四季を通して美しい風景に満ちています。


明治21年(1888年7月15日)、磐梯山が大噴火を起こしました。 山体崩壊を伴った磐梯山の噴火は、 周辺地域に大きな被害を与えました。

大規模な噴火により磐梯山の北側の 標高500メートル以上が崩れて飛散しました。 その巨大な土石流により 磐梯山北側にあった部落が土砂の下に埋まり 小野川、中津川、長瀬川を堰き止めました。 堰き止められた川により五色沼、桧原湖、小野川湖など 大小約300もの湖沼群が出来ました。

噴火から100年以上経った今、森の緑はよみがえり 湖沼群が点在する現在の美しい裏磐梯高原になりました。

湖沼群のうち桧原湖、小野川湖、秋元湖にはさまれて 点在する 大小40あまりの湖沼群を 総称して五色沼と言います。 そして、その中でも五色沼自然探勝路添いの 10数ヶ所の沼をめぐるコースが 裏磐梯の観光名所として人気があります。

※リンクはフリーです。写真の無断転載、複製、使用は出来ません。

© 裏磐梯ペンション五色沼 All Rights Reserved